虎吉の独り言

    阪神ファンの虎吉が希望と現実の間で感じた事をつぶやくブログ
    2017 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 02

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    スポンサーリンク

    野球場で写真を撮ろう


    koshien

    野球場できれいな写真を撮りたい人のために
    自分の経験から野球写真撮影に必要な機材と
    カメラの設定を簡単にご案内したいと思います。

    まずは予算は10万円くらいまでで考えます。
    ほとんどの入門機が大体それくらいで入手できます。
    発売時期により価格は安くなる事もあると思います。

    メーカーはキャノンもしくはニコンがおすすめ
    「初めて買うならどっち?」ってよく聞かれますが
    どちらも悪くないメーカーなので友達・知り合いが持っている
    メーカーをおススメします。理由は
    同じメーカーだとレンズが共有できたり、わからない機能など
    教えてもらえたりするからです。

    はじめての方にはわかりにくいですが
    レンズ交換式のデジタルカメラは
    一眼レフとミラーレスがあります。

    【送料無料】キヤノン デジタル一眼レフカメラ・ダブルズームキット EOS Kiss X9 EOSKISSX9BKWKIT [KISSX9BKWKIT]【RNH】


    感想(2件)



    ニコン D3400 ダブルズームキット ブラック


    感想(1件)




    ■カメラを選ぶ重要項目


     ▶ファインダーがついている
     ▶センサーサイズの大きさ
     ▶連写性能
     ▶ISO設定ができる
     ▶レンズ
     ▶余裕があればこれはあったらいいな

    ■撮影設定


     ▶撮影設定について


    ファインダーが付いている



    重要としているのは一眼レフにはファインダーがついている事です。
    ミラーレスにも一部ついてますが・・・
    このファインダーはカメラについてる小さなのぞき穴ですね。
    ここから見るのとモニターを見るのとでは一瞬を撮影する
    スポーツ写真では大きな差が生まれます

    ファインダーから覗けば、被写体をリアルタイムで
    追う事ができます
    ミラーレスだと映像をモニターに映す処理のタイムラグがあり
    ストレスになります
    目次にもどる


    センサーサイズの大きさ



    写真の良し悪しを決めるとも言える画像素子です。
    よく○○○万画素だからキレイとか言われますが
    スマホの2000万画素より一眼レフの2000万画素の方が
    画質が良いです。
    理由は写真の写りこむセンサーの大きさが全く違うからです。
    これはメーカー、機種により変わりますが入門機の一眼レフは
    大きい部類に入るためオススメする理由のひとつです。

    更におすすめ理由は
    センサーサイズが大きいとボケやすい!
    野球場で写真撮影していてありがちなのがネットの網目が
    写りこんでしまう事です。
    同じ距離でコンパクトカメラは網目が映り込んでしまうのに
    一眼で撮ると被写体にピントが合って網目部分が
    うまい具合にボケて気になりません。
    目次にもどる


    連写性能



    入門機でも秒間5コマの機種がほとんどでそれでも十分撮影できます。
    速ければもっと楽に撮れるんですけど・・(汗
    これも連写しながら被写体を追える一眼レフと
    シャッターがきれるごとにモニターが暗くなったり
    映像が止まるので追いかけるのが難しいミラーレスとで
    差がでます。
    目次にもどる


    ISO設定ができる



    日中撮影ではオート設定でも気になりませんが、ナイターや
    室内での撮影ではシャッター速度の関係で気にしないと
    いけません。
    ISOは数字が高くなるほど画質の低下につながります。
    どこまでの画質までなら納得できるか個人差もありますが
    入門機のレンズの性能から高くても1600-3200まで
    の方が良いでしょう
    目次にもどる


    レンズ



    レンズは300mm前後の望遠レンズ
    入門機には18-55mmの標準ズームレンズと
    55-250mm、70-300mmといった望遠ズームレンズがあります。
    観客席から撮影するなら望遠レンズを使います。

    望遠レンズはズームにすると、もちろん被写体が大きくなりますが
    同時に背景をボケやすくする特徴があります。
    スマホでは出せないボケ味です。
    目次にもどる


    コレはあったらいいな



    予算に余裕があるならぜひ欲しい
    ・SDカード
     画質が変わるわけではないですが高速タイプのものがおすすめ
     容量も16GB以上のもの
    ・予備バッテリー
     連写してると撮影枚数を忘れてしまいがち、あっという間に電池切れ
     になりますよ
    目次にもどる

    【3年保証】お買得2枚組 SDカード Extreme Pro SDHC カード 32GB class10 SanDisk サンディスク 超高速95MB/s V30 4K Ultra HD対応 パッケージ品 送料無料 SASD32G-XXG-2SET 02P07Jan17 02P04Feb17


    感想(14件)




    撮影するための設定



    入門機にはシーンモードがあります。
    その中のスポーツモードにすれば、それなりの設定になるので
    後は撮影に専念するだけです。
    日中撮影ではそれでも十分撮影できます。

    私はナイターやドームでの撮影の時は明るさに注意します。
    ナイターやドームでの撮影では高速シャッターが思うようには使えません。
    照明はあるものの写真撮影においては光量が足りないのです。

    ・ISO設定
     シャッター速度が遅くても1/100以上になるように
     800から3200までで調整
     撮影中遅いと感じれば、まずISOを調整します。

    ・露出補正
     微妙な明るさ調整には露出補正を使います。
     ユニフォームや背景の明るさで顔が暗かったりするので。
     撮影中に触る機能はそこだけです。

    ・連写設定→高速連写に設定

    ・絞りの設定
     A(絞り優先)モードで解放値(F値を1番少ない数字に)します。
     そうする事でシャッタースピードは最適露出で1番速い
     スピードになります

    ・AFポイント設定
     ピントの合うポイントは真ん中の1点だけに設定します。
     全体に自動で合う設定だと手前のものにピントを合わせがち
     になるためネットにピントが合ってしまいがちです。
     ネットにできるだけ近づければ改善されますが距離がある場合
     1点に設定してネットの間を狙ってピントをあわせます。 
    目次にもどる

    いかがでしょうか。
    簡単ではございますが、自分自身の経験を元に書いてみましたが
    参考になりましたでしょうか。
    もちろんもっと良い機種、レンズでご案内できれば良いですが
    カメラの世界は奥が深く泥沼のごとくハマるとお金が
    いくらあっても足りません(汗)



    ではみなさまの野球ライフがもっと良くなる事を願っています。
    スポンサーサイト
    [ 2018/01/22 20:23 ] 写真 | TB(0) | CM(0)
    プロフィール

    ちびる

    Author:ちびる
    大阪生まれです。
    写真好き・旅好きの
    阪神ファンです。

    楽天市場 売れ筋商品
    検索フォーム
    ブログランキング
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。